TCPヘッダ(読み)てぃーしーぴーへっだ

ASCII.jpデジタル用語辞典「TCPヘッダ」の解説

TCPヘッダ

TCPが利用するための制御情報などを埋め込んだ部分のこと。送信元・宛先ポート番号や、SYNACKなどのフラグ情報、ウィンドウサイズチェックサムなどの情報が含まれ、標準的なサイズは20バイトとなる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android