コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TD-CDMA てぃーでぃーしーでぃーえむえー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

TD-CDMA

Time Division Duplex-Code Division Multiple Accessの略。第3世代(3G)携帯電話の通信方式である「IMT-2000」の1つで、高速なデータ通信規格として注目されている。IMT-2000で標準化された方式としてほかに、NTTドコモとボーダフォンの「W-CDMA」や、KDDIの「MC-CDMA」がある。これらの方式では、上りと下りの帯域を周波数帯域で分割しているが、TD-CDMAでは上りと下りで同じ周波数を共用し、時間で区切って送受信を切り替える。1つの周波数しか使わないため、端末の回路を単純にできるというメリットがある。また、時間軸の割り当てを変えることで、上り下りの速度を非対称にすることなども可能となる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

TD-CDMA

〖Time Division Code Division Multiple Access〗
移動体通信の方式の標準の一。時分割複信方式を付加した符号分割多元接続。送受信に同一の周波数の電波を利用するため、電波の有効利用につながる、メガビット単位の高速な通信が可能となるなどの特徴がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

TD-CDMAの関連キーワードau携帯電話多重通信TDLTETDD全二重/半二重TDSCDMA多重通信TD-CDMA中継装置

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android