TEZUKA2020(読み)てづかにーぜろにーぜろ

知恵蔵miniの解説

TEZUKA2020

キオクシア株式会社(旧東芝メモリ株式会社)が2019年10月に行った同社の社名変更を機に始動させたキャンペーン「#世界新記憶」プロジェクトの第1弾。「もしも、今、手塚治虫さんが生きていたら、どん未来漫画に描くだろう?」という発想からスタートしたプロジェクトで、過去の手塚作品のストーリーキャラクターをAI技術で生成し、それを制作陣が人間ならではの感性、経験で手を加え、漫画作品として完成させた。同プロジェクトから生み出された新作漫画「ぱいどん」は講談社発行の「モーニング」20年2月27日発売号で掲載。

(2020-2-11)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

TEZUKA2020の関連情報