TIMSSとPISA

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

4年に1度実施のTIMSSは、国際教育到達度評価学会が小学4年生と中学2年生を対象に実施し、基礎的な計算問題や知識を問う問題が中心。2015年調査では57の国と地域が参加し、日本は小4、中2の平均点が過去最高点となった。PISAは経済協力開発機構(OECD)が15歳を対象に実施し、読解力や思考力を問う内容が多く、TIMSSとは傾向が異なる。

(2016-12-07 朝日新聞 朝刊 東特集P)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android