コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TNM 分類

大辞林 第三版の解説

TNM 分類

〖tumor-node-metastasis classification〗
悪性腫瘍しゆようの進行度を表す方法。T は原発腫瘍の大きさ、N はリンパ節転移の広がり、M は離れた部位への転移の有無を示す。各々の悪性腫瘍に対して分類の基準が決められており、それぞれの評点をもとに病期を決定する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のTNM 分類の言及

【癌】より

… 臨床癌はふつう四つの病期に分ける。国際対ガン連合が中心になって定めたTNM分類がよく用いられる。T(tumor)は原発部位の腫瘍の大きさや周辺組織への浸潤状態,N(node)はリンパ節への転移状況,M(metastasis)は遠隔ないし他臓器への転移を表す。…

※「TNM 分類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

TNM 分類の関連キーワードTNM分類がんの進行

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android