コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TPP交渉の現状

1件 の用語解説(TPP交渉の現状の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

TPP交渉の現状

輸入品にかけている税金(関税)をなくしたり、人の行き来やお金の流れをスムーズにしたりして自由な貿易圏を作ろうとする取り組み。米国や豪州、メキシコなど11カ国がすでに交渉に参加。日本は23日から加わり、年内の妥結を目指す。実現すれば世界の国内総生産(GDP)の4割を占める貿易圏ができる。日本政府の試算では、10年後にGDPが年3・2兆円増える一方、海外から安い農産物が入ることで国内の農業生産額は3兆円減る。自民党は参院選の政策集でコメや麦、乳製品、牛・豚肉、砂糖の原料の重要5品目を「聖域」として守る考えを示している。

(2013-07-18 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

TPP交渉の現状の関連キーワード季節関税従価税スライド関税輸入課徴金緊急関税道徳関税輸入税輸入品禁止関税環太平洋経済連携協定(TPP=Trans―Pacific Partnership)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

TPP交渉の現状の関連情報