Tcl/Tk(読み)てぃっくるてぃーけー

ASCII.jpデジタル用語辞典「Tcl/Tk」の解説

Tcl/Tk

マクロ言語を統一することを目的としたインタープリター型言語であるTclと、TclをX Window Systemで利用するために必要なライブラリであるTkを組み合わせたもの。X Window System上で動作する、簡易プログラム言語として利用されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内のTcl/Tkの言及

【プログラミング言語】より

…その目的から,スクリプト言語の処理系はインタープリター方式であることが多い。コマンドインタープリター(シェル)のスクリプト言語であるBourne Shell言語,テキスト処理の機能を豊富に備えるawkやperl,WWWページにスクリプトを埋め込むための言語であるJavaScriptやVBScript,グラフィカルユーザーインターフェースが簡単に作成できるtcl/tk(厳密にはtclがスクリプト言語,tkがユーザーインターフェース部品群だが,一緒に用いられることが多い)などが代表的である。プログラミング言語処理系【久野 靖】。…

※「Tcl/Tk」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android