コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Théâtre de l'Œuvre TheatredelOEuvre

世界大百科事典内のThéâtre de l'Œuvreの言及

【象徴主義】より

…〈夢〉がこのような演劇の特権的な空間と考えられる限りにおいて,それはしばしば〈夢幻的な劇〉の相を帯び,その意味で,メーテルリンクの《マレーヌ姫》(1889)と《ペレアスとメリザンド》(1893)も,作者自身の説く〈いささかめしいた夢遊病者〉の生きる〈日常性のなかの悲劇性〉によって,象徴派に歓迎された。 A.アントアーヌの自由劇場がゾラの自然主義演劇論を根拠にした前衛運動であったように,詩人フォールPaul Fort(1872‐1960)の〈芸術劇場Théâtre d’Art〉(1890創設)と,次いでリュニェ・ポーの〈制作座Théâtre de l’Œuvre〉(1893創設)は,象徴主義演劇の神殿たろうとした。背景幕だけの抽象的舞台で,時代や場所に制約されない普遍的な〈魂の劇〉を詩句によって表現しようとするリュニェ・ポーの美学は,イプセン(《ロスメルスホルム》)など北欧作家の上演と相まって,非現実的・夢幻的演戯を生んだ。…

※「Théâtre de l'Œuvre」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Théâtre de l'Œuvreの関連キーワードコミュニティー・ハッピー・ソーラー事業駒形友梨じゅんごアントアーヌオデオン座マルセルリコボーニナンシー(Jean-Luc Nancy)マリオンエム

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android