コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Theodōros(サモスの) Theodoros

世界大百科事典内のTheodōros(サモスの)の言及

【建築家】より

…この建物は,古代エジプトにおいてもすでに不滅の傑作と見なされていたようで,イムヘテプはやがて神格化され,建築家の守護神と見なされた。古代ギリシアでは,サモスのヘラ神殿を建て,それについて最古の建築書を書いた前6世紀の建築家サモスのテオドロスTheodōros,前5世紀にアテナイのアクロポリスの再建計画で活躍したイクティノスカリクラテスムネシクレス,疑似二重周柱式イオニア神殿の考案者である前2世紀のプリエネの建築家ヘルモゲネスが著名である。ヘルモゲネスの建築書は,建造物のつくり方に数学的法則性を与えたものとして知られ,ローマの建築家たちに大きな影響を与えた。…

※「Theodōros(サモスの)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Theodōros(サモスの)の関連キーワードストゥディオス修道院ハートフォード会議ファン・ルイス ゲラフェラーリ夜明けの門ノッサセニョーラドロザリオ教会ホザーリオドスプレートス教会ロザリオドスプレートス教会トト・ザ・ヒーローレーロース鉱山都市とその周辺

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android