Theophanō(英語表記)Theophano

世界大百科事典内のTheophanōの言及

【オットー[2世]】より

…在位967‐983年,973年までは共同皇帝。オットー1世の息子でビザンティン王女テオファノTheophanō(955ころ‐991)を妃とした。ボヘミア王ボレスラフ2世に支持されたバイエルン大公ハインリヒの反乱を鎮圧,ボレスラフに臣従を誓わせ,ロートリンゲンに侵入したフランス王ロタールを撃退したのち,イタリア遠征をおこない,南イタリアにまで支配権を拡大しようと企てたが,アラブ・イスラム軍に敗れ,海路ローマに逃れ,そこで没した。…

※「Theophanō」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android