コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

U Tam'si,T. UTamsiT

世界大百科事典内のU Tam'si,T.の言及

【アフリカ文学】より

…実際,伝統アフリカ内部の悽惨(せいさん)な権力闘争の輪廻を描くウォロゲムYambo Ouologuem(1940‐ )の《暴力の義務》(1968)はフランス語圏作家自身によるネグリチュードの終焉宣言と受け取られた。ウ・タムシTchicaya U Tam’si(1931‐88)はネグリチュードを批判的に超克して独自の道を拓いた特異な詩人である。 南アと並んで放送,出版などのジャーナリズム,高等教育機関の発達が早かった西アフリカ,特にガーナとナイジェリアは現代小説のメッカである。…

※「U Tam'si,T.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

U Tam'si,T.の関連キーワードキイタム訴訟ゴング(打楽器)三清洞タムタン洞窟チャータム教会ムアンタン遺跡シャンタのタムファスル福島リラニャット・リン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android