コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

UQコミュニケーションズ ゆーきゅーこみゅにけーしょんず

知恵蔵の解説

UQコミュニケーションズ

KDDI・インテル・JR東日本・京セラなどが出資して設立した、モバイルブロードバンド・サービス事業会社。通信方式として、2.5GHz帯を使ったMobile WiMAXを活用するのが特徴。自社でのサービスの他、他事業者に対するMVNOにも積極的に応じる形でのビジネス展開を予定している。
自社で展開するサービスである「UQ WiMAX」の場合、上り最大10Mbps、下り最大40Mbpsでの通信が可能。09年2月26日より、東京23区・横浜・川崎を中心にサービスを開始する。携帯電話などと違い、通信時間やパケット利用量に応じた料金体系ではなく、むしろADSLや光ファイバーに近い、完全な月額固定制となる。09年2月現在、サービス利用料金は月額4480円(税込み)。09年6月30日までは、「お試し期間」として無料でサービスを行う。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2009年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

UQコミュニケーションズ
ゆーきゅーこみゅにけーしょんず

KDDIグループの携帯電話通信サービス提供会社の一つ。2007年(平成19)にワイヤレスブロードバンド企画として設立され、2008年現社名に変更。
 パソコンや携帯端末とつないで通信を行う高速データ通信に特化した移動通信サービスを2009年に開始した。UQ WiMAX(ワイマックス)という名で、モバイルWiMAX(モバイル端末向け規格のIEEE802.16e)によるサービスを提供する(毎秒最大40メガビット、2010年9月時点)。製品にはWiMAX機能を内蔵したパソコン、高速通信用のデータカード、データ通信とWi-Fiの両方のアクセスが可能なデータカードなどがある。なおWiMAXは、2010年時点で世界149か国で導入が進められており、国内で利用している携帯電話を海外でもそのまま使える国際ローミング規格となっている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

UQコミュニケーションズの関連キーワードWiMAX(ワイマックス)IEEE802.16eモバイルWiMAX4G

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

UQコミュニケーションズの関連情報