コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Universal Plug&Play

1件 の用語解説(Universal Plug&Playの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Universal Plug&Play

Microsoftによって提唱されたTCP/IPベースのホームネットワーク向けのプロトコル仕様。仕様策定はMicrosoftIntelCompaqIBMなどが参加した「UPnP Forum」で行なわれている。UPnPは、IPアドレス名前解決を行なうサーバーの有無でConfigured型とAdHoc型に分かれる。Configured型のUPnPネットワークではDHCPDNSディレクトリサービスなどが稼働するサーバーによって、機器が認識され、通信が可能になる。一方、こうしたサーバーのないAdHoc型のUPnPネットワークでは、デバイスのネットワークへの参加を自動的に検出する「SSDP(Simple Service Discovery Protocol)、DHCPサーバーのない環境でも自動的に重複しないプライベートIPアドレスを割り当てる「Automatic Private IP Addressing」、デバイスの名前解決と階層状の管理を可能にする「Multicast Name Resorution」などIETFで協議中のインターネットテクノロジーが適用される。また、デバイスの固有情報はXMLで記述されており、各デバイスはこのXMLデータHTTP経由で交換し、通信を行なう。当然、EthernetIEEE1394Bluetooth、など物理的な接続方式に依存せず、ネットワーク内にPCは必須としない。ライセンスが不要なのも大きな特徴の1つ。最新版は0.9で、まずはWindows MEに実装される予定。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Universal Plug&Playの関連キーワードイド階層公理主義実証主義主観価値説BGM効用価値説ナショナルミニマム実験教育学新民主義

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone