コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

VRRP ぶいあーるあーるぴー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

VRRP

Virtual Router Redundancy Protocolの略。複数のルーターをバーチャルルーターID(VRID)で束ね、外からアクセスする場合には1台のルーターに見えるようにするプロトコル。VRRPでは、仮想的なIPアドレスとMACアドレスを持つ「仮想ルーター」を設定する。VRRPが動作している複数のルーターのうち、「マスター」となっている1台が仮想ルーターのIPアドレスとMACアドレスを利用して動作する。他のルーターは「バックアップ」として待機し、マスターがダウンした場合には、マスターからすみやかに仮想IPアドレスおよびMACアドレスを引き継ぐ。これにより、外からは仮想ルーターがつねに動作しているように見えるので、ネットワークの利用は継続できる。ホストは、仮想ルーターに割り当てた仮想IPアドレスをデフォルトゲートウェイとして設定しておけば、マスターがダウンしてもバックアップ経由で通信を続けられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

VRRPの関連キーワードHyper-VVMwareIP-VPNVirtual PCHyper-VV2VマイグレーションVLANSIPRNetNIPRNet3Gモバイルルーター

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android