コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

VTR-CM ブイティーアールシーエムvideo tape recording commercial

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

VTR-CM
ブイティーアールシーエム
video tape recording commercial

テレビ放送に使うスポンサーの広告物のうち,映像,音声を磁気テープに録画,録音したものをさす。放送用テープは従来2インチ (約 5cm) 幅のものが使われていたが,技術革新が進んでシステムも小型軽量化され,ロケーションも簡易になった。現在は1インチ幅のものが大半を占め,3/4インチのものも使われている。フィルム (CF) に比べて,鮮明な再現性,制作過程の短縮,制作費の軽減などのメリットがある。日本でも 1978年頃の放送局送出 VTR一本化を契機に漸増し,100%VTR-CMを達成した。 (→コマーシャルフィルム )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

VTR-CMの関連キーワード日本アド・コンテンツ制作社連盟

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android