コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Wādī al-Dhahab WadialDhahab

世界大百科事典内のWādī al-Dhahabの言及

【西サハラ】より

…しかし西サハラ住民の民族運動組織である〈ポリサリオPOLISARIO戦線(サギア・アルハムラとリオ・デ・オロ解放のための人民戦線)〉が〈サハラ・アラブ民主共和国Jumhūrīya al‐‘Arabīya al‐Dimuqrāṭīya al‐Ṣaḥrāwī〉の樹立を宣言(1976年2月)して武装抵抗を継続中であり,国連による調停活動が行われているが,西サハラの国際的地位は現在(1997年12月)もなお定まっていない。 面積は約26万6000km2で,北のサギア・アルハムラ(サーキヤ・アルハムラーSāqiya al‐Ḥamrā’)と南のワーディー・アッザハブWādī al‐Dhahab(リオ・デ・オロRio de Oro)の2部分からなっている。大西洋に面してはいるが,年雨量がわずか30~50mm程度であり,国土全体がサハラ砂漠の一部をなしている。…

※「Wādī al-Dhahab」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Wādī al-Dhahabの関連キーワードジャーミーマスウーディーイラーキー(AbŪ-l-Qāsim al-‘Irāqī)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android