コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

W杯のチケット

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

W杯のチケット

98年のフランス大会では、一部の代理店が空売りして多数の観客が入場できなかった。02年日韓大会では「完売」が伝えられながら、海外割り当て分の売れ残りが判明。今大会ではこうしたトラブルを防ぐため、チケット取り扱いを組織委員会に一本化。転売による価格高騰を防ごうと全チケットに集積回路(IC)を埋め込んで個人情報を掌握、入場時に身元確認できる方式を採用した。発行されたチケットは全部で307万枚で、一般販売は全体の36.2%。残りは各国サッカー協会やスポンサーに割り当てられた。

(2006-06-12 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

W杯のチケットの関連情報