コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

W-CDMA だぶりゅーしーでぃーえむえー

2件 の用語解説(W-CDMAの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

W-CDMA

スウェーデンのEricsson社、フィンランドのNokia社、NTTドコモなどが共同開発し、欧州地域、日本、韓国、台湾などで採用するIMT-2000の規格のひとつ。日本ではNTTドコモのFOMAとソフトバンクモバイルのSoftBank 3Gが採用している。DS-CDMAや日欧方式とも呼ばれる

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ダブリューシーディーエムエー【W-CDMA】

第3世代携帯電話通信方式のひとつ。NTTドコモ、ノキアエリクソンなどが共同開発。日本ではNTTドコモ、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルが採用。◇「wideband code division multiple access」の頭文字から。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

W-CDMAの関連キーワードスウェーデン語スウェーデン体操スウェーデンボリスウェーデンリレースウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーディッシュ・エルクハウンドスウェーディッシュ・ラップフントスウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

W-CDMAの関連情報