コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

W-CDMA だぶりゅーしーでぃーえむえー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

W-CDMA

スウェーデンのEricsson社、フィンランドのNokia社、NTTドコモなどが共同開発し、欧州地域、日本、韓国、台湾などで採用するIMT-2000の規格のひとつ。日本ではNTTドコモのFOMAとソフトバンクモバイルのSoftBank 3Gが採用している。DS-CDMAや日欧方式とも呼ばれる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ダブリューシーディーエムエー【W-CDMA】

第3世代携帯電話の通信方式のひとつ。NTTドコモ、ノキア、エリクソンなどが共同開発。日本ではNTTドコモ、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルが採用。◇「wideband code division multiple access」の頭文字から。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

W-CDMAの関連キーワードVodafone Global StandardCDMA2000 1xEVSIMカード(IT)NTTドコモ(株)第三世代携帯電話USIMカードHSPAプラス広帯域CDMATDIMT2000KASUMIUIMカードSIMカードMISTYHSDPAHSUPA携帯電話中国移動3GPPHSPA

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

W-CDMAの関連情報