コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WAON わおん

3件 の用語解説(WAONの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

WAON

イオンリテール株式会社が発行する電子マネー前払い式で、ICカードタイプと携帯電話用のアプリタイプがある。300円(税込み)の発行手数料だけで入手でき、イオンの店舗やWAON加盟店、インターネットショップなどで利用できる。200円(税込み)の利用ごとに1WAONポイント(1円相当)が加算される。端末機は競合する複数の電子マネーにも対応しており、2014年4月現在、約17万5000カ所に設置されている。07年4月のサービス開始以来、ファミリーマートビックカメラなど業種業態を問わず加盟店を増やし、さらに対象年齢を55歳以上に限定した「G.G.WAON」、地域限定カードクレジットカード一体型WAONなど、発行形態も多様化。毎月約50万枚のペースで増え、累計発行枚数は14年4月末時点で4000万枚超となっている。

(2014-5-20)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワオン(WAON)

非接触型ICカードまたは携帯電話(おサイフケータイ)を用いた電子マネーサービス。イオンが平成19年(2007)よりサービスを開始。同社の系列のスーパーマーケットコンビニエンスストアなどで利用できる。支払い金額に応じて、電子マネーに交換可能なポイントが付与される。商標名。
[補説]名称は、いろいろな場面で利用できるサービスを「和音」に例えたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ワオン【WAON】

イオン株式会社が運営するプリペイド型電子マネーサービス。ソニーFeliCa(フェリカ)技術を採用した非接触型ICカードまたはおサイフケータイによって利用する。平成19年(2007)4月サービス開始。加盟店の店頭などに設置された端末、イオン銀行ATM、携帯電話、インターネットなどでチャージ(入金)し、支払い時に店頭の端末にカードや携帯電話をかざすとチャージした金額から代金分が引かれる。◇「WAON」は「和音」に由来する語で、イオン株式会社登録商標

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

WAONの関連キーワードイオンカードセレクトオンリーエポスカードオンリーメルセデスカミオン怖い女の仕返し日経マネーハッピーワオンLEONイオンモールエスプリミュール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

WAONの関連情報