WHO神戸センター

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

WHO神戸センター

「都市化と健康」を研究テーマとするWHO本部(ジュネーブ)直轄の研究機関。阪神・淡路大震災直後の95年8月に神戸市内に設立された。兵庫県、神戸市と地元の民間企業が10年間、運営費などを負担することで活動を開始したが、昨年、地元が年間約4億円の運営費を負担し、さらに10年間活動を継続することが決まった。

(2006-02-06 朝日新聞 夕刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android