WLL

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

無線通信技術を使った加入者線。FWA(Fixed Wireless Access)とも呼ばれる。電話局からユーザー宅までの回線(Local Loop)では、通常、銅ケーブルが利用されるが、敷設や管理にコストがかかってしまう。このため中継局などをユーザー宅の近隣に設置し、無線で通信を行なうのがWLLである。以前のWLLは遠隔地や過疎地といったケーブル敷設のコストがかかるところに利用されるケースが多かったが、機器が安価になってきたこともあり、都市部での利用も検討されている。また、インターネット常時接続インフラとしての注目度は高く、2.4GHz無線LAN技術を利用した実験は各地で行なわれている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android