コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WLL

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

WLL

無線通信技術を使った加入者線。FWA(Fixed Wireless Access)とも呼ばれる。電話局からユーザー宅までの回線(Local Loop)では、通常、銅ケーブルが利用されるが、敷設や管理にコストがかかってしまう。このため中継局などをユーザー宅の近隣に設置し、無線で通信を行なうのがWLLである。以前のWLLは遠隔地や過疎地といったケーブル敷設のコストがかかるところに利用されるケースが多かったが、機器が安価になってきたこともあり、都市部での利用も検討されている。また、インターネット常時接続インフラとしての注目度は高く、2.4GHz無線LAN技術を利用した実験は各地で行なわれている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

WLL

〖wireless local loop〗
基地局と家庭の電話などの固定端末を無線通信で結ぶシステム。NTT の加入者区間にあたる部分に無線を使用することで、回線使用料を支払わずにすみ、大容量のデータ通信も可能になる。FWA。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

WLLの関連キーワードウィリアム トレバーコールユーブンゲン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android