コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WTOとドーハ・ラウンド

1件 の用語解説(WTOとドーハ・ラウンドの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

WTOとドーハ・ラウンド

95年にGATT(関税貿易一般協定)を継承して成立。国際貿易のルールを協議する場で、本部はジュネーブ。150以上の国・地域が加盟。ドーハ・ラウンドは01年11月、中東カタールの首都ドーハでの閣僚会議で立ち上がった。多国間の貿易交渉をラウンドと呼ぶのは、多くの国が円卓(ラウンドテーブル)を囲んで話し合うためという。貿易拡大で途上国の発展を図ることが最大の狙いで、ドーハ・ラウンドは関税の大幅引き下げを目指す。

(2008-07-31 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

WTOとドーハ・ラウンドの関連キーワードブレトンウッズ会議開放経済体制ウルグアイラウンドブレトン・ウッズ体制MA米ミニマムアクセス米TRIPS協定保護主義MA米WTO

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone