コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WTOとドーハ・ラウンド

1件 の用語解説(WTOとドーハ・ラウンドの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

WTOとドーハ・ラウンド

95年にGATT(関税貿易一般協定)を継承して成立。国際貿易のルールを協議する場で、本部はジュネーブ。150以上の国・地域が加盟。ドーハ・ラウンドは01年11月、中東カタールの首都ドーハでの閣僚会議で立ち上がった。多国間の貿易交渉をラウンドと呼ぶのは、多くの国が円卓(ラウンドテーブル)を囲んで話し合うためという。貿易拡大で途上国の発展を図ることが最大の狙いで、ドーハ・ラウンドは関税の大幅引き下げを目指す。

(2008-07-31 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

WTOとドーハ・ラウンドの関連キーワードウルグアイラウンドGATTロールバック協定税率東京ラウンド関税貿易一般協定TNCガット(GATT)北米自由貿易協定(NAFTA)WTO(世界貿易機関)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone