コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WTOの紛争解決手続き だぶりゅてぃーおーのふんそうかいけつてつづき/WTOのふんそうかいけつてつづきWTO's dispute‐settlement procedure

知恵蔵の解説

WTOの紛争解決手続き

WTOの紛争解決手続きはガットの二国間協議、パネル(小委員会)設置を基礎としつつ、それらより格段に強化されている。WTOでは、賛成する国が一国でもあれば、すなわち全加盟国が反対しない限り、パネル設置や対抗措置の発動等が決定され(ネガティブ・コンセンサス方式)、最長18カ月とする時間的枠組みと共に、手続きの自動性、迅速性を保証する。その半面、紛争解決手続きの信頼性を保証するため二審制が導入され、パネル報告に不満を持つ当事国は、上級委員会に審査要請ができる。また、モノ、サービス、知的財産権のいずれの分野に対しても適用され、対抗措置も原則として紛争案件と同じ分野内で発動することとされている。その措置が有効でないと判断される時は、異なる分野において対抗措置を発動する(クロス・リタリエーション)可能性にも道を開いた。また、WTO協定に関する紛争は、この紛争解決手続きを利用しなければならない点を明文化し、一方的措置の発動に対する抑止力を高めている。1995年から2006年6月までにWTOに通報された紛争件数は、346件にのぼる。

(永田雅啓 埼玉大学教授 / 松尾寛 (株)三井物産戦略研究所副所長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

WTOの紛争解決手続きの関連キーワード世界貿易機関貿易の技術的障害FTAブーム自由貿易TRIPS協定WTO世界貿易機関協定税率報復関税ガット(GATT)

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

WTOの紛争解決手続きの関連情報