コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WWOOF

1件 の用語解説(WWOOFの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

WWOOF

「WorldWideOpportunitiesonOrganicFarms」の略。「世界に広がる有機農場での機会」の意味で1971年に英国で生まれた。日本では94年に始まり、有機農業に取り組む農家や自然体験施設などがホストとして、年間8500円の登録料、ウーファーは5500円を日本法人「ウーフジャパン」(札幌市)に支払う。ウーファーはウェブサイトから手伝う内容や期間など条件にあったホストに申し込む。法人によるとウーファーは世界で約3千人、日本人と欧米主体の外国人が半数ずつ。国内のホストは約400カ所。

(2012-02-10 朝日新聞 朝刊 島根 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

WWOOFの関連情報