コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WWW巡回ソフトウェア

1件 の用語解説(WWW巡回ソフトウェアの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

WWW巡回ソフトウェア

あらかじめ設定されたURL自動的アクセスし、Webページの情報をローカルハードディスクなどに保存し、後ほどオフラインでこれらにアクセスできるようにするソフトウェア公衆回線+モデムによるダイヤルアップ接続Internetを利用している場合、接続時間に比例して回線使用料が課金されるが、このWWW巡回ソフトウェアを利用すれば、回線の使用効率を向上させることができるようになる。またいったんハードディスクなどに保存したデータへのアクセスでは、遅い通信回線を経由しないので、高速なWebページのブラウズが可能になる。ただしHTML書式やJavaActiveXなどに代表されるように、WWWの機能は現在でも改良が続けられており、こうした最新の書式を用いたWebページに対しては、WWW巡回ソフトウェア側で対応が施されていないと、正しく利用できない場合もある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

WWW巡回ソフトウェアの関連キーワードオートログインフルテキスト検索題詠予めクローズドエンドリマインダーペグ・カウント自動ぶろ定量止水栓

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone