コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Wallace-Johnson,I. WallaceJohnsonI

世界大百科事典内のWallace-Johnson,I.の言及

【シエラレオネ】より

…19世紀後半にイギリスの勢力範囲は内陸部に広がり,96年現在のシエラレオネの領域をフリータウン直轄植民地を除いて保護領とした。 第1次大戦後,フリータウンで労働運動,民族主義運動がクレオールの医師バンコーレ・ブライトHerbert Bankole‐Bright(1883‐1958)やウォレス・ジョンソンIsaac Wallace‐Johnson(1895‐1965)を指導者として進められた。第2次大戦後,保護領地域の住民にも選挙権が与えられ,1950年には医師マルガイMilton Margai(1896‐1964)を党首としてシエラレオネ人民党(SLPP)が結成された。…

※「Wallace-Johnson,I.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Wallace-Johnson,I.の関連キーワード奥山加奈ジョンソン・エンド・ジョンソンパットン(Charley Patton)シエラレオネ秋山菜津子佐々木詩帆ジョンソン(Philip Johnson)エレン サーリーフウォーレス記念塔国際連合本館

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android