Wilhelm(読み)ウィルヘルム

翻訳|Wilhelm

デジタル大辞泉の解説

ウィルヘルム【Wilhelm】[ドイツ皇帝]

(1世)[1797~1888]プロイセン王。在位1861~1888。ビスマルク宰相として軍備を拡張、普墺(ふおう)戦争、さらに普仏戦争にも勝ってドイツを統一し、1871年、初代ドイツ皇帝となった。
(2世)[1859~1941]ドイツ皇帝。在位1888~1918。の孫。帝国主義的政策を掲げて海外に進出、第一次大戦に突入したが敗戦で退位し、オランダ亡命。日本ではカイゼル(皇帝)とよぶ。

ウィルヘルム【Wilhelm】[バイエルン公]

(4世)[1447~1508]バイエルン公。在位1463~1508(1463~1467は兄ジギスムントと共同統治)。所領の細分化を防ぐため分割相続の禁止を布告した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Wilhelmの関連情報