コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Will o' the Wisp WillotheWisp

世界大百科事典内のWill o' the Wispの言及

【妖怪】より

… 妖怪はまず,古代人の信仰の対象であった自然力の奇怪な擬人化として成立する。スコットランドの山中に潜み,地面や湖面を杖で触れて凍らせる妖婆カリヤク・バルCailleach Bheur(冬の象徴),笑い声をあげて寒気をふりまき人を凍死させるイギリスのジャック・フロストJack Frost(霜の擬化),安息を得られぬ鬼火とされるウィル・オ・ザ・ウィスプWill o’ the Wisp(火の擬人化),土を耕しつづけ休息時にカエルをあぶって食べる皺だらけの顔の小人ポーチュンPortune(農地の擬人化)などがこれである。また動物の姿をとる妖怪の例も多く,通常はモデルにされた動物の性質や特徴がその妖怪にも反映される。…

※「Will o' the Wisp」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Will o' the Wispの関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))コーマンデミル(Cecil Blount De Mille)チャップリンヒューストン(John Huston)ビダー世界の諺グリフィススピルバーグ外国の天気俚諺

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android