Windows for Workgroups(読み)うぃんどうずふぉーわーくぐるーぷす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Windows for Workgroups

Peer-to-Peerネットワーク機能を標準で追加したWindowsのバージョン。1992年、Windows Ver.3.1にネットワーク機能を加えて発表されたWindows for Workgroups Ver.3.1が初期バージョン。現在では、ファイルアクセスやネットワークアクセスをプロテクトモードから行なえるように改良したVer.3.11が発表されている。ただしいずれのバージョンも日本語バージョンは存在しない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android