コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Windows 2000

2件 の用語解説(Windows 2000の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Windows 2000

2000年にマイクロソフトが、ネットワーク環境下で使用するための企業向けOSであるWindows NT 4.0の後継として発表したパソコン用OS。一般ユーザー向けOSのWindows 98が持つ操作性やプラグアンドプレイなどの便利な機能を搭載し、ユーザーの利便性が向上した。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Windows 2000
うぃんどうずにせん

アメリカのマイクロソフト社が、2000年版として開発したパソコン用のオペレーティングシステム(OS)。同社のビジネス向けのWindows NT 4.0の後継で、その安定性を引き継ぎながら、GUIなどにはWindows 98の使いやすさをも包含したのが特長。イメージスキャナー、デジタルカメラ、IEEE1394デバイスのドライバーにはWDM(Windows Driver Model)を使って迅速に対応し、三次元画像への視点や光源による効果はDirectX(ダイレクトエックス)7.0(マルチメディア用のソフトウェア)がサポート。PCカード、USB、IEEE1394などのインターフェースには自動的にデバイスを探して設定する機能を加えて改善した。また、バックアップ機能の使用や、システム設定にかかわる部分はすべてコントロールパネルにまとめられた。さらにモバイル機能をも充実させ、管理者の権限を強化したセキュリティ機能や、異なるコンピュータを同じ環境で再現可能とするなど、ネットワークでの利用にも配慮された。しかし、Windows 2000はビジネス向けのWindows NT系であったことから、一般的浸透がみられなかった。そのため2001年、ユーザーの多い家庭用Windows 9x系をNT系に組み込んだOS、Windows XPへと引き継がれた。2010年、Windows 2000のマイクロソフト社のサポート終了。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Windows 2000の関連キーワードマイクロソフトアクセスマイクロソフトエクセルマイクロソフトオフィスマイクロソフトオフィスアクセスマイクロソフトオフィスエクセルマイクロソフトオフィスパワーポイントマイクロソフトオフィスプロジェクトマイクロソフトオフィスワードマイクロソフトワード

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone