コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Windows 7 うぃんどうずせぶん Windows 7

2件 の用語解説(Windows 7の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

Windows 7

マイクロソフトのパソコン用OS、Windowsの最新バージョン。Vistaの後継バージョンとして、店頭パッケージが2009年10月22日に発売される他、同時期にMicrosoft Windows 7を標準搭載したパソコンの出荷も開始される。
搭載される機能の量と販売対象となる市場に応じて、6種類のエディション(版)が提供される。新興国市場向けの低価格エディション「Home Basic」(日本では発売されない)、ネットブック向けに機能を限定しOSの価格を落とした「Starter」、家庭向け機能の大半を搭載した「Home Premium」、Home Premiumにビジネス向けの機能を追加した「Professional」、企業での一括導入用にライセンス販売される「Enterprise」、すべての機能を搭載した「Ultimate」で、後者ほど多機能。日本でパッケージとして入手可能なのは、Home Premium、Professional、Ultimateの3種となる。
Windows 7はVistaをベースにしており、OSの核となる部分には手を加えず、タスクバーやウィンドウなどのユーザーインターフェースの操作、周辺機器の管理の仕組みなどの使い勝手を向上させる方向で開発が進んだ。複数の指で画面にタッチして様々な操作を行う機能もOS標準の機能として導入される。また、全体的な調整を行うことで、性能が低いネットブックでも実用的な速度で動作するという。
マイクロソフトによると、名称の「7」は7世代目のWindowsを意味するが、Windows 7では通常ソフトウエアの世代を表すバージョン番号が「6.1.7600」(発売当初)となっており、製品名とは一致していない。

(斎藤幾郎  ライター / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Windows 7
うぃんどうずせぶん

2009年10月に発売されたマイクロソフト社のパーソナルコンピュータ用オペレーティングシステム(OS)。32ビット版と64ビット版とがある。エンドユーザー向けのWindowsとしては7番目のメジャーバージョンアップということでこの名がつけられたが、ソフトウェア自体の通し番号であるバージョン番号は実際には「6.1」であり、「6.0」であったWindows Vista(ビスタ)のメジャーアップデートであることがうかがえる(なお、Windows XPのバージョン番号は「5.1」)。Windows XPと比較して評価が低く、とくにビジネス用途で人気のなかった前バージョンのWindows Vistaの反省から、動作の軽量化や安定性の向上、インターフェースの洗練などを主眼とし、これまでのユーザーにも違和感なく受け入れられる仕様としたことから、Windows XP搭載PC(パソコン)の買い換え需要なども含め、販売数は増加した。
 インターフェースはVistaからの大幅な変更はないが、下端のタスクバーに表示される起動中のアプリケーションの表示がアイコン化された。これにより、Mac(マック)の「ドック」と同様なアプリケーション起動ができるようになった。また同じアプリケーションが複数起動している場合は一つのアイコンにまとめられ、すばやく切り替え可能な仕様となった。また、アプリケーションが対応していれば、その動作状況がアニメーションでアイコン表示される。
 互換性については、Windows XPやWindows Vista対応プログラムの大半が動作するように設計されてる。ただし、Windows XPについては完全互換ではないため、ビジネス用途を考慮して「XPモード」とよばれるWindows 7上でOSであるXPを仮想的に動作させ、そのなかでXPでしか正常に動作しないアプリケーションを稼働させる機能を導入した。
 一般用としては、家庭用のHome Premium(ホームプレミアム)、高機能なProfessional(プロフェッショナル)、Windowsのすべての機能が利用できるUltimate(アルティメット)の3種類が販売されていたが、そのほかにも最小限の機能しかもたないStarter(スターター)、新興国向けのHome Basic(ホームベーシック)、ビジネス向けのEnterprise(エンタープライズ)が存在する。
 後継OSで大幅なインターフェースの変更を伴うWindows 8発売以降も、Windows 7は安定性と旧アプリケーションとの互換性の点から、とくにビジネスユーザーを中心に根強い人気を維持している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Windows 7の関連キーワードウィンドウズマイクロソフトOS2マイクロソフトオフィスマイクロソフトオフィスアクセスマイクロソフトオフィスエクセルマイクロソフトオフィスパワーポイントマイクロソフトオフィスプロジェクトマイクロソフトオフィスワード

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Windows 7の関連情報