コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Windows Azure ウィンドウズ アジュール

3件 の用語解説(Windows Azureの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Windows Azure

マイクロソフト社が提供するクラウド・コンピューティング環境、Windows Azure Platformで利用できるOS。同社が提供するサーバーで動作し、開発者はインターネットを通してその機能を利用する。Windows Azure Platformでは、ストレージおよびデータベースが提供されるが、Windows Azure PlatformのことをWindows Azureと呼ぶこともある。同様のクラウド・コンピューティング環境には、アマゾン社のAmazon EC2、グーグル社のGoogle Apps Engineなどがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

Windows Azure

マイクロソフトが開発中の、ウェブサービスおよびクラウド・コンピューティング用開発プラットフォーム、および、そのサービス。主に企業向けのサービス開発プラットフォームとしての役割を持つ。
マイクロソフトが持つ「.net Framework」や「Windows Live」といった技術と、HTMLJava Scriptといった標準技術を使い、各種ウェブアプリケーションを、マイクロソフトがインターネットを介して提供するサーバー上で構築して公開するためのものだが、Microsoft Officeなどの自社アプリケーションとの連携も想定されている。Googleが提供する「Google Apps」やAmazon.comが提供する「Amazon EC2」などの技術に対抗するためのサービスといえる。
2008年10月、米・ロサンゼルスで行われた開発者会議「PDC 2008」にて発表され、以降、開発が続けられている。2009年半ばには、サービスの利用料金などの詳細が発表される予定。

(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Windows Azure
うぃんどうずあじゅーる

マイクロソフト社が提供する、企業や組織向けのクラウドコンピューティング・プラットフォームの名称。azureとは英語で「空色」のことである。2008年に発表し、2010年よりサービスを開始した。PaaS(パース)とよばれるサービスで、利用者は、個別のパソコン環境に拠(よ)ることなく、インターネットを経由してマイクロソフトが管理するデータセンターにアクセスし、そこでアプリケーションの作成、配布、管理などができる。アプリケーションの作成では、任意のプログラム言語やツール、OS(オペレーティングシステム)が使えるなど、利用者の環境に柔軟に対応する。Windows Azureによって可能になるサービスは、ウェブを利用した顧客のサポート、Android(アンドロイド)端末やiOS(アイオーエス)端末への一斉プッシュ通信、オンラインストレージの利用、データベース構築など多岐にわたる。既存の技術を利用できるため、開発環境の構築に時間や費用がかからないことが特徴といえる。料金は、時間とストレージの容量をもとに、利用実績に応じて課金される。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Windows Azureの関連キーワードWebサーバーWebサービスWebサービスAPIウェブサーバーフィルタリングソフトマイクロソフトオフィスマイクロソフトオフィスエクセルマイクロソフトオフィスプロジェクトマイクロソフトオフィスワード

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Windows Azureの関連情報