コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Windows Me うぃんどうずえむいー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Windows Me

2000年9月にマイクロソフトが発表した、Windows 98 SEの後継OS。Fast Boot、USBやIEEE1394、Bluetoothなどへの接続のサポートといった機能が追加されている。Windows 2000に似た外見を持っており、Internet Explorer 5.5とデスクトップ環境を統合することでインターネットとローカル環境を意識させない環境や、レガシーフリーによる起動の高速化を実現する。また、Windows Media Player 7をはじめとする、マルチメディア環境の充実が図られている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Windows Me
うぃんどうずみー

マイクロソフト社のパーソナルコンピュータ(パソコン)向けオペレーティングシステム(OS)。Windowsシリーズのなかで、Windows 98 SEに続くバージョンで、Windows 2000と同じ2000年に発売された。Microsoft Windows Millennium Editionの略称で、その頭文字から「エムイー」と読まれることが多いが、マイクロソフトでは正式には「ミー」と呼称している。
 マイクロソフト社は、MS-DOSをベースに生まれたWindows 95/98/98 SE(Windowsのバージョン4グループ)とは基本構造が異なるWindows NTを1993年に発売、WindowsシリーズをWindows NTに統合すべく、同じ系列のWindows 2000を投入した。しかし、一般的浸透はみられなかったため、ユーザーの多かったWindows 98 SEのバージョンアップ版としてWindows Meが発表された。その後はWindows NTの流れをくむWindows XPに統合されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

Windows Meの関連キーワードWindows Media Player 11Windows Vista UltimateQuickTime for WindowsMicrosoftファミリログオンウィンドウズ・メディアプレーヤーsystem resourceWindows UpdateMSN Messengerネットワークコンピュータコンピュータ史(年表)ディスククリーンアップWindowsフォームMSNエクスプローラーMSUSBハードディスクWindows RTWindows NTMSNエクスプローラFDISK.EXEネットウォッチャー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Windows Meの関連情報