コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Windows XP うぃんどうずえっくすぴー

2件 の用語解説(Windows XPの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Windows XP

2001年10月(日本語版は11月)にマイクロソフトが、Windows MeおよびWindows 2000 Professionalの後継として発表したバージョン。家庭向けのHome Editionと企業向けのProfessionalがある。「XP」は「experience(体験、経験)」の意味。内部機構には、MS-DOSWindows 3.1との互換性が重視されていたWindows 9x系ではなく、マイクロカーネルのWindows NT/2000系を採用した。「アプリケーションがOSを道連れ強制終了する」「心臓部に残されていた16ビットコードによって処理能力が低下する」などの問題を解消した。また、Windows XPでは、新しいユーザーインターフェイスが採用され、全体的に丸みを帯びたデザインとなった。現在はセキュリティを強化したSP2が配布されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

Windows XP
うぃんどうずえっくすぴー

アメリカ・マイクロソフト社の家庭用のWindows 9x系(Windows 95、98、Me(ミー)など)とビジネス用Windows NT系(Windows NT 3.5、NT 4.0、Windows 2000など)を2001年に統合して信頼性・安定性・操作性を大幅に改善したパソコン用OS(オペレーティングシステムOperating System、基本ソフト)。日本語版は2001年(平成13)11月に発売。Windowsとは窓の形で文書やファイル、アプリケーションのリストを表示する手法をいい、XPは経験(eXPerience)が由来である。
 Windowsは1.0が1985年に発売された後、1993年に9x系とNT系に分かれ、それぞれバージョンアップが重ねられた。Windows XPは、この両系を統合した汎用(はんよう)OSで、前者の使いやすさ、マルチメディア機能と後者の安定性・堅牢(けんろう)性をあわせもっている。直感に訴える操作性のよいユーザー・インターフェース(Luna(ルナ))を採用するほか、ネットワークを介してパソコンの相互利用とその操作許可、安直なユーザーの切換え、マルチプロセシング、システム復元などの新機能が装備されている。一般向きのWindows Meの後継OSにはXP Home Edition、ビジネス向きのWindows 2000の後継OSにはXP Professionalが、64ビット用の後継OSにはx64 Editionがある。
 現在、Windowsはパソコンの大半に搭載されており、パソコン自体の普及をも加速してきた。日本でもパソコンの世帯普及率は1993年(平成5)のWindows 3.1の日本語版登場時の12%から、Windows 95による1996年の17%、Windows 98による1999年の30%へと上昇し、Windows XP登場翌年の2002年には57%となった(2013年時点では78%)。2007年、Windows XPはWindows Vista(ビスタ)へと引き継がれ、2014年4月にマイクロソフト社のサポートが終了することとなった。[岩田倫典]
『清水理史・一ヶ谷兼乃・法林岳之他著『できるWindows XP アップグレード編』(2001・インプレスジャパン) ▽野田祐己著『Windows XP(SP2)』(2004・秀和システム)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Windows XPの関連キーワードActaラムステッド図表でみる教育日本語学校池田摩耶子許南麒野元菊雄藤原与一松田一橘山口喜一郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Windows XPの関連情報