コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Wood,G. WoodG

世界大百科事典内のWood,G.の言及

【アメリカ美術】より

…以後,フォービスム,キュビスム,表現主義等を消化した世代がアメリカ独自の近代美術を形成する(マリン,ウェーバーのほか,S.デービス,シーラーCharles Sheeler(1883‐1965),E.ホッパー,マン・レイら)。しかし第1次大戦の勃発によりヨーロッパからの影響が薄れて,中西部を拠点とする写実主義的なリージョナリズム(地方主義)が台頭した(T.H.ベントン,ウッドGrant Wood(1892‐1941),カリーJohn Steuart Curry(1897‐1946)ら。アメリカン・シーン・ペインティング)。…

【アメリカン・シーン・ペインティング】より

…前者の舞台になったのは主としてニューヨークで,ブルックリン橋や高層建築をモティーフとして,近代文明を謳歌するステラJoseph Stella,シーラーCharles Sheeler,大都市のバイタリティを抽出したデービスがおり,後者には都会の底辺の日常の光景をとらえたマーシュReginald Marsh,孤独と疎外を描いたホッパー,ソーシャル・リアリズムsocial realismの立場を貫いたシャーンがいる。また,中西部の広大な農村風景を描きつづけたベントン,ウッドGrant Wood(1892‐1942),カリーJohn Steuart Curry(1897‐1946)などの提唱したリージョナリズムRegionalism(地方主義)も写実的な系列を代表する。彼らは中西部こそアメリカの心のふるさとだとして,反ヨーロッパ・モダニズムの姿勢をとりつづけた。…

【ベントン】より

…1910年代後半から写実様式に戻り,連作《アメリカの歴史的叙事詩》を手がける。30年代から反ヨーロッパ・モダニズムを主張し,アイオワのウッドGrant Wood(1892‐1942),カンザスのカリーJohn Steuart Curry(1897‐1946)とともに,アメリカ固有の表現をめざす美術のナショナリズムともいえる〈リージョナリズム〉を展開。彼らの写実様式は30年代の壁画に強い影響を及ぼしている。…

※「Wood,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Wood,G.の関連キーワード村川裕樹佐藤和太西田尚美ウッド父子ロン ウッドエンジニアード・ウッド神聖の森ウッドスパイダー図プロラプス層理