コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

X線の異常散乱 anomalous scattering of X-rays

1件 の用語解説(X線の異常散乱の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

X線の異常散乱【anomalous scattering of X-rays】

X線の場合に,入射X線の波長が,物質の構成原子の吸収端の波長に近いと,散乱過程において位相のずれが生じ,二次X線のため,回折写真のかぶりが大きくなる.対称中心のない結晶においては,これを利用して結晶の絶対構造を定めることが可能となる.わが国で多数の金属錯体の絶対構造の決定が可能となったのはこれを活用した結果でもある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

X線の異常散乱の関連キーワードX線結晶学コンプトン散乱極紫外分光計ウォーラー積分X線の吸収X線の散乱X線の反射コンプトン‐ラマン散乱ブラッグの関係式ミリカン線(紫外線)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone