コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

X線の異常散乱 anomalous scattering of X-rays

法則の辞典の解説

X線の異常散乱【anomalous scattering of X-rays】

X線の場合に,入射X線の波長が,物質の構成原子の吸収端の波長に近いと,散乱過程において位相のずれが生じ,二次X線のため,回折写真のかぶりが大きくなる.対称中心のない結晶においては,これを利用して結晶の絶対構造を定めることが可能となる.わが国で多数の金属錯体の絶対構造の決定が可能となったのはこれを活用した結果でもある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

X線の異常散乱の関連キーワードX線の散乱

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android