コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Yona Yona

世界大百科事典内のYonaの言及

【インド・ギリシア人】より

…前2世紀から前1世紀末にかけて西北インドで活動したギリシア人。サンスクリット語ではイオニアのなまったヤバナYavanaの名で,また俗語ではヨーナYonaの名で呼ばれる。アレクサンドロス大王の帝国の北東端にあたる中央アジアのバクトリア地方は,大王の死後シリアのセレウコス朝の支配下に入ったが,前250年ごろギリシア人太守ディオドトスがこの地に独立王国をうち建てた。…

※「Yona」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Yonaの関連キーワード米子市立山陰歴史館インド・ギリシア人クマゼミ(熊蟬)ブルーインパルス伯耆国山岳美術館マトリョーシカヘレン メリル菱川師宣記念館ローマ字綴りシェーファーミッチェナー米子市美術館与那国(町)カタゾウムシ与那原(町)豊中(市)米子(市)ウミトサカKUJUN鋸南(町)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Yonaの関連情報