コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Z項 ゼットコウ

4件 の用語解説(Z項の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゼット‐こう〔‐カウ〕【Z項】

地球の緯度変化の計算式の第3項。極運動以外の経度無関係な1年周期で現れる成分。0.1秒以下の振幅で変化する。明治35年(1902)に木村栄(きむらひさし)が発見。木村項。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

Z項【ゼットこう】

緯度変化の大部分は地球の自転軸の移動(地表でいえば極の移動)によって起こり,平均北極の位置を原点として経度0°(x軸)と西経90°(y軸)の方向に測った実際の北極の座標を(x,y)とすれば,西経λ°の地点で実測される緯度変化の値ΔΦはΔΦ=x cos λ+y sin λで表される。
→関連項目水沢緯度観測所

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

法則の辞典の解説

z項【z term】

別名を木村項ともいう.緯度変化の中で,極運動によらない世界共通に変化する成分である.木村栄(当時水沢緯度観測所長)によって1902年に指摘された.原因には諸説があったが,章動の半年周期項のずれに基づく年周変化が真の原因であることが若生康二郎によって解明された.もともと章動は地球を剛体と見なして導かれたが,実際の地球は流体核をもつ弾性体であるため,その違いが現れたものである.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

z項
ぜっとこう

天文緯度の観測値に含まれている、極運動以外の経度に無関係な年周変化をいう。木村栄(ひさし)により1902年(明治35)発見された。1年周期で、振幅は約100分の4秒角、最大と最小はそれぞれ冬至および夏至におこる。z項の原因として、天文学、地球物理学、気象学など多くの分野から研究が発表されたが、約70年間、謎(なぞ)のままであった。
 地球の内部は、地殻、マントル、流体外核、固体内核からできている。こうした構造をもち、かつ変形する地球の回転運動は、剛体と考えた地球の回転運動とは違ってくる。流体核とマントルの非弾性を考えた厳密な回転理論によると、地球の章動のうち、半年周章動の係数がもっとも大きく変わる。その量がz項の原因となることが、1970年に証明された。[若生康二郎]
『高橋昌義著・井上正治絵『発明発見への道すじ4 船が「ウキ」になった!』(1990・大日本図書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Z項の関連情報