コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

bayt sha‘ar baytshaar

世界大百科事典内のbayt sha‘arの言及

【ベドウィン】より


[生活文化]
 ベドウィンの生活は,古来からあまり変化がなく,移動を軸とした文化がみられる。住居は移動に適したバイト・シャアルbayt sha‘ar,あるいはハイマkhaymaなどと呼ばれる黒っぽいテントである。ヤギまたはラクダの毛で,通風が良いように織られ,雨が降ったときには毛糸が膨張して雨水を下に通さないようにできている。…

※「bayt sha‘ar」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

bayt sha‘arの関連キーワード加藤タクヤカーバダール・アルイスラームベツレヘムベスレヘムマームーンシェケム門アルジェリア出川哲朗ウッチャンナンチャン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android