コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

biomimetic organic chemistry biomimeticorganicchemistry

世界大百科事典内のbiomimetic organic chemistryの言及

【有機化学】より

…福井謙一のフロンティア軌道理論(1952),ウッドワードRobert Burns Woodward(1917‐79)とホフマンRoald Hoffman(1937‐ )の軌道対称則(1965)などは,有機合成にも応用できる実際的な理論として大いに利用された。 20世紀の最後の四半世紀において,有機化学は反応の立体制御を実現しながら進める有機合成化学と,生体の複雑な機能の一部を実験室で再現しようという生体模倣有機化学biomimetic organic chemistryの2分野に著しい発展がみられている。前者の分野では,ウッドワード,エッシェンモーザーA.Eschenmoser(1925‐ )らのビタミンB12の全合成(1972)以後にも多くのすぐれた合成的研究がなされている。…

※「biomimetic organic chemistry」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

biomimetic organic chemistryの関連キーワード有機金属気相成長法機能性色素ストックホルム条約有機エレクトロルミネセンス用色素WWOOF(ウーフ)AMOLEDOEL有機EL有機ELディスプレー有機ELテレビ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android