de novo synthesis(英語表記)denovosynthesis

世界大百科事典内のde novo synthesisの言及

【コレステロール】より

…超低比重リポタンパク質(VLDL)は肝臓で合成されたリポタンパク質で,内因性のトリグリセリドを末梢組織に運搬した後,コレステロールに富んだ低比重リポタンパク質(LDL)になる。このLDLは末梢組織にコレステロールを運搬・供給し,各組織でのコレステロールのデノボ合成de novo synthesis(代謝過程の中間産物を回収・再利用するような合成のしかたではなく,簡単な前駆物質から新たにある構造体が合成されること)を調節するリポタンパク質としてとくに重要である。高比重リポタンパク質(HDL)は肝臓で合成され,リン脂質とコレステロールに富んでおり,その役割の一つとしてコレステロールを末梢組織から肝臓に運搬する機能が考えられている。…

※「de novo synthesis」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android