コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

despotisme légal despotismelegal

世界大百科事典内のdespotisme légalの言及

【啓蒙絶対主義】より

…これを代表する君主には,フリードリヒ2世(大王),ヨーゼフ2世などがあり,初期のエカチェリナ2世もそれに含められる。 啓蒙絶対主義の思想的源流のひとつは,フランスの重農主義者が唱えた〈合法的専制主義despotisme légal〉に見いだされるが,その意味するところは,君主を啓蒙して〈自然の理法〉を信奉せしめ,独裁権力による立法活動を通じて,伝統的な諸特権を排除することにより,この自然法則を社会に貫徹させることにあった。ドイツのバーデン大公カール・フリードリヒKarl Friedrich(1728‐1811)が,単一税としての地租の導入や大農業経営の育成をはかったのは,この思想の直接的影響である。…

※「despotisme légal」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

despotisme légalの関連キーワードスタキオース手塚香織藍沢瑠璃山村ケレール揺れる原発耐震指針ガルガロンキャンギャル子ギャルbilingal

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone