droit usage(英語表記)droitusage

世界大百科事典内のdroit usageの言及

【入会】より


[沿革]
 山林原野は,農業生産および農村生活において,欠くことができなかったから,その利用関係は,どの国でも,古くから権利として生成してきた。right of common,Allemenderecht,droit usageなどと称されている。日本でも,藩政時代から入会山,野山,稼山,秣山,差図山,立合山などとよばれて,利用され,排他性も認められていた。…

※「droit usage」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android