コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ferme générale fermegenerale

世界大百科事典内のferme généraleの言及

【徴税請負】より

… 17世紀に徴税請負人は,トレタンtraitant,パルチザンpartisan(契約人)の俗称で呼ばれ,人々の怨嗟(えんさ)と蔑視(べつし)の的になり,その社会的地位の低さが強調されていたが,実際は,官職購入,貴族との婚姻を通じて社会的上昇を遂げており,しだいに支配層と融合・一体化していった。同時に,コルベールの下で群小の請負の統合が試みられ,この試みは後に総括徴税請負ferme généraleの確立となって結実し(1726),絶対王政下の貨幣取扱資本の牙城となり,巨額の貸付けと請負人手形を用いた決済・融資を実現し,総括徴税請負人fermiers générauxのほとんどは貴族身分を取得して社会的地位も確固たるものになった。しかし,この制度への依存は国家債務を累積させて財政を悪化させ,請負人の厳しい徴収に対する納税者の怒りは,頻発した反租税運動のつど,〈請負人なしの国王万才!〉の叫びとなって現れた。…

※「ferme générale」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ferme généraleの関連キーワードバイイ徴税請負制一般意志CGTCGPM国際度量衡総会DGSE公安委員会コモロCGT

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android