コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

iOS 7 あいおーえすせぶん iOS 7

1件 の用語解説(iOS 7の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

iOS 7

アップル社のスマートフォン「iPhone」や、タブレットiPad」用の基本ソフト(OS)である「iOS」の最新バージョン。2013年秋に登場予定。
一目で分かるこれまでのiOSとの違いは、アイコンデザインである。iOSでは、これまで「スキューモーフィズム(Skeuomorphism)」と呼ばれる、実物に近い質感を目指したリアルなアイコンが採用されていたが、iOS 7では、これまでとは対極的な、シンプルで分かりやすい「フラットデザイン」と呼ばれるデザインのアイコンに変わっている。
また、多くの新機能が搭載されているが、特に操作性の向上につながる便利な機能の一つが、「コントロールセンター」である。「コントロールセンター」では、機内モードWi-FiBluetoothなどのオン・オフ、画面の向きのロック、明るさ調整、曲の再生などといった様々なコントロールが可能だが、この機能は、ロック画面を含む、どの画面からでも、上に向かってスワイプするだけで、簡単かつ迅速に利用できる。更に、「コントロールセンター」からは、フラッシュライト(懐中電灯)、タイマー、計算機、カメラなどの利用も可能。
また、「コントロールセンター」と同様の操作で利用できるのが、「通知センター」である。「通知センター」は、どの画面からでも、下に向かってスワイプすれば、表示され、新着メールや、電話の不在着信、To Doリストや、今日の予定の概要が表示できる。
その他、iOS 7では、アップル社のパソコンMac」のOS「Mac OS X Lion」から搭載されていた「AirDrop」が利用可能となった。AirDropは、無線規格のWi-FiやBluetoothを使って、写真、ビデオ、連絡先などのデータを暗号化して転送する機能で、メール送信などを行わなくても、iOSデバイス間でのデータ共有が簡単にできる。

(横田一輝  ICTディレクター / 2013年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

iOS 7の関連キーワードAppleアイフォーン4アイフォーン5cアイフォーン5sスマホガラパゴススマートホンスマートホン向けマルチメディア放送iPhone Magazineアイフォーンスマフォン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

iOS 7の関連情報