コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

iPS(人工多能性幹)細胞

1件 の用語解説(iPS(人工多能性幹)細胞の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

iPS(人工多能性幹)細胞

神経や皮膚、臓器など体のあらゆる組織になりうる細胞のことを指す。山中教授らが世界に先駆けて2006年、マウスの皮膚細胞に4個の遺伝子を組み込んで開発に成功。翌年、ヒトの皮膚細胞を材料にしても成功した。安全性などの課題を克服すれば、再生医療を支える技術になると期待され、国際競争が激化している。

(2010-01-03 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

iPS(人工多能性幹)細胞の関連キーワード脂肪組織神経組織再生医療あらゆる有りと有らゆる機械組織体性幹細胞ルージェの法則幹細胞と分化

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

iPS(人工多能性幹)細胞の関連情報