コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

iPS細胞(人工多能性幹細胞)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

iPS細胞(人工多能性幹細胞)

無限に増やせ、体の様々な細胞に変化できる能力を持った細胞。同様に万能性を持ち、受精卵を壊して作るES細胞(胚〈はい〉性幹細胞)と異なり、体の細胞から作ることができる。山中伸弥・京大教授が2006年、マウスの皮膚の細胞に四つ遺伝子を働かせて作製に成功した。07年には人でも成功した。

(2016-05-12 朝日新聞 朝刊 科学1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

iPS細胞(人工多能性幹細胞)の関連情報