コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

iPS細胞(人工多能性幹細胞)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

iPS細胞(人工多能性幹細胞)

無限に増やせ、体の様々な細胞に変化できる能力を持った細胞。同様に万能性を持ち、受精卵を壊して作るES細胞(胚〈はい〉性幹細胞)と異なり、体の細胞から作ることができる。山中伸弥・京大教授が2006年、マウスの皮膚の細胞に四つ遺伝子を働かせて作製に成功した。07年には人でも成功した。

(2016-05-12 朝日新聞 朝刊 科学1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

iPS細胞(人工多能性幹細胞)の関連キーワードライフイノベーション国際戦略総合特区最先端研究開発支援プログラムダイレクトリプログラミングES細胞とiPS細胞の特徴ルドルフ イエーニッシュ京都大学iPS細胞研究所ジストロフィン遺伝子iPS細胞の臨床応用遺伝子組み換えマウスiPS細胞とES細胞ES細胞とiPS細胞iPS細胞の実用化iPS細胞と特許人工多能性幹細胞筋ジストロフィー誘導多能性幹細胞レトロウイルスキム カンスー幹細胞と分化新型万能細胞

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

iPS細胞(人工多能性幹細胞)の関連情報