iPS細胞(人工多能性幹細胞)

  • iPS細胞
  • 人工多能性幹細胞

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

無限に増やせ、体の様々な細胞に変化できる能力を持った細胞。同様に万能性を持ち、受精卵を壊して作るES細胞(〈はい〉性幹細胞)と異なり、体の細胞から作ることができる。山中伸弥・京大教授が2006年、マウス皮膚の細胞に四つの遺伝子を働かせて作製に成功した。07年には人でも成功した。

(2016-05-12 朝日新聞 朝刊 科学1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

iPS細胞(人工多能性幹細胞)の関連情報