コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

iTEP あいてっぷ iTEP

1件 の用語解説(iTEPの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

iTEP

米国の教育サービス会社のボストン・エデュケーショナル・サービスが開発した英語検定テスト。iTEPは「International Test of English Proficiency」の略。「読む・聞く・文法」に加えて「話す・書く」を含めた5技能をオンラインで測定できる。受験時間は90分で、受験から7営業日以内に結果のスコアレポートが発行される。受験料はTOEFLの半額程度の1万1000円~1万2000円。2008年に米国で発表された。14年現在、海外留学生の英語能力を測る基準として、同国の300校以上の大学で採用されている。米国外でも導入が進んでおり、日本には11年頃に上陸。14年1月には日本法人としてiTEP日本事務局(東京都新宿区)が設立された。

(2014-4-4)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

iTEPの関連キーワード相撲サービス会社エームサービスセカンドサービスメディカル・ケア・サービスNS・コンピュータサービス東電ホームサービス日産クリエイティブサービス日本エンヂニヤー・サービス東芝テックソリューションサービスファーストサービス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

iTEPの関連情報