コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

inhibitory postsynaptic potential inhibitorypostsynapticpotential

世界大百科事典内のinhibitory postsynaptic potentialの言及

【シナプス】より

…また,伝達方向は一方向性である。化学シナプスには,興奮性シナプスexcitatory synapseと抑制性シナプスinhibitory synapseがあり,それぞれ興奮性シナプス後電位excitatory postsynaptic potential(EPSP)と抑制性シナプス後電位inhibitory postsynaptic potential(IPSP)とを発生する。興奮性シナプス後電位は脱分極性電位(細胞は細胞膜を境に内側はマイナスに分極している。…

※「inhibitory postsynaptic potential」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

inhibitory postsynaptic potentialの関連キーワードリンホカインMIF消化管ホルモン幼若ホルモン心臓中枢最小発育阻止濃度

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android