コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

keV

世界大百科事典内のkeVの言及

【電子ボルト】より

…電子のもつ電荷は約1.602×10-19Cであり,一方,1Cの電荷をもつ粒子が1Vの電位差の2点間で加速されて得るエネルギーが1Jと定められているから,1eVは約1.602×10-19Jである。エネルギーが高い場合には,その程度により,キロ,メガ,ギガの接頭語をつけて,それぞれキロ電子ボルトkeV,メガ電子ボルトMeV,ギガ電子ボルトGeVの単位が用いられる。紫外線,可視光線などの光子1個のエネルギーも,その波長λ(nm)が知れると,およそ1240/λによってeV単位で表すことができる。…

※「keV」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android